murmurのふんわりピアスで、日常に輝きを

2014年に石川県金沢市でスタートした、アクセサリーブランド《murmur(マーマー)》。実は、1300年もの歴史を持つ石川県の希少な伝統工芸である手透きの「二俣和紙」という和紙で作られています。和紙とは思えない、細かい加工や形状、キラキラと輝くカラーは、見ているだけでもうっとりする美しさ。また紙でできているので、大変軽く、耳に負担のないアクセサリーでもあります。今回は、和紙の素材の可能性を広げた《murmur》のピアスをご紹介したいと思います。

  • さわやかな風を運ぶnonohana kanmuri sample text ゴールドの細いフープピアスを囲うようにパープルの和紙がデザインされているピアス。フープピアスって、ちょっとかっこいいイメージがありますが、すごく柔らかい印象に仕上がっています。女性らしくワンピース似合わせたり、ちょっとレトロなスタイリングにアクセントとしてつけて欲しい。 ピアス / ¥8,100
  • 折り重なった和紙が独特なカラーを生み出すgene sample text シンプルで美しい分子構造と語るデザイナーの言葉の通り、シンプルに折り重ねられた和紙が潔いデザイン。重なり合う部分で、色が濃くなったり、薄くなったり、一点一点違う和紙の良さが引き出される形状です。ピアスの由来に合わせて、シンプルなシャツに合わせたい一品。 ピアス / ¥5,076
  • 光を取り込む明るいカラーのMIU sample text イエロー〜ピンクのグラデーションが美しいMIU。イエローは光に当たった時に、よりクリアに見えたり、少し白っぽく見えたり、さまざまな表情を見せてくれるカラー。深海で自ら光を発する生物という意味のMIUは、ブラックのウェアに合わせて、スタイルを際立たせたい。 ピアス / ¥5,076
  • キラキラ輝く海の宝石、seaglass sample text 長い歳月を経て、浜辺にたどり着いたシーグラスをイメージしたピアス。折り目に光が当たると、陰影が生まれて、とても美しいです。大きめのひし形で、顔まわりがパッと明るくなるデザイン。ひし形に合わせてVネックのTシャツやニットと合わせるとよりスッキリ見えますね。 ピアス / ¥5,400

いかがでしたか? 和紙とは思えない輝きと、洗練された印象がありますよね。これから日差しが強くなる時期に、より一層キラキラと輝きを増すアクセサリーです。ぜひ、普段のコーディネートに加えてみてくださいね。《murmur》のブランドページはこちら

特集アイテム

最新特集記事