ウェディングホワイトの真実と今

すべての光を返してくれる最も明るい色であり、光そのものともいえるホワイト。いろんな感情を含みながら、偏りなく無限に広がっていく、可能性を感じさせる色です。

 

そんなホワイトがより輝きを放つのが、ウエディングシーン。今回は、ウエディングドレスにブーケ、テーブルセッティングなどで多用される、この特別な色にフォーカスします。

 

白いウエディングドレスの火付け役

花嫁が結婚式で着るウエディングドレスは白色が多いですよね。この習慣、一体いつから始まったんでしょうか…。

 

火付け役は、1837年〜1901年にイギリスの王位についたヴィクトリア女王といわれています。1840年、彼女は自身の結婚式を挙げるとき、白シルクのウエディングドレスと手編みレースのベールを身にまとい、頭にはオレンジの花飾りをつけました。このスタイルが新聞や雑誌などで大きく取り上げられ、瞬く間に女性たちの間で広がっていったといいます。

 

ウエディングドレス = ホワイトではなかった

(出典:Quantize)

(出典:Quantize)

もともとウエディングドレスの色に決まりはなく、女性たちはさまざまな色のドレスをウエディング用として着用していたとか。現在、ウエディングドレスは結婚式のときだけ着用するものとなっていますが、当時は、式が終わってからもリフォームをして着続けていたので、色ドレスのほうが利用しやすいと人気だったそう。ただし、裕福な女性たちはドレスを着回す心配はなく、もともと若い女性の正装であった白いドレスをウエディングドレスとして好んで着ました。ロイヤルウエディングが流行の発端になるのは、いつの時代も同じですね。

 

白のウエディングドレスが絶対的な支持を得たのは、色が持つ象徴性にも関係が。「純潔・無垢・純真」などを表現し、白のウエディングドレスは花嫁が処女であることを意味していると考えられていました。また、白はどんな色にも染まりやすいという性質があり、それが「結婚後は夫の色に染まる」という解釈に結びつけられ、ますます象徴性を帯びるように。

 

現代のウエディングホワイト

そんな歴史も意味もある、代表的なウエディングカラー「ホワイト」。自分スタイルのウエディングを希望する人が多い現代では、ミニのドレスに男性はハーフパンツのタキシード、ドレスだけど足もとはスニーカーなど、形を変えつつも白のアイテムが華を添えています。

そこでウエディングアイテムとしても選ばれている、IROYAのホワイトプロダクトをいくつかピックアップ!
花嫁が身につけたいアクセサリー、花嫁の涙を受け止める繊細な和紙、新郎のこだわりが光るシャツ、引き出物にぴったりな有田焼、出席するときに役立つクラッチバッグなどがラインナップ。

01

02

03

04

05

06


お気に入りのホワイトアイテムは見つかりましたか?
自分の好きな白いモノに囲まれて、Happy Weddingを叶えましょう!

 

RELATED ARTICLES