POP-UP REPORT①

IROYA ポップアップストア第1~3弾 出店レポート&御礼

「色」をテーマにキュレーション提案をするEコマースサイト&セレクトショップ「IROYA」のPOPUP出店実施のご報告です。
2014年 9 月「IROYA HAKATA」、2014年12月「IROYA AQUACITY ODAIBA」、2015年2月「IROYA IKEBKURO PARCO」を実施致しました。

 
 

「IROYA HAKATA」

IROYA HAKATAの様子

IROYA HAKATAの様子

JR博多駅直結 AMU ESTにて、白・ピンク・緑の3色で、IROYA初となる九州での展開でした。九州のファッションはインディペンデントに発達している印象で、取り扱いの中にも九州地区未上陸のブランド様も数多くいました。まだ身近にないデザイン性のアイテムや、サイズ感を「色」という切り口お届けしました。

 

「IROYA AQUACITY ODAIBA」

「IROYA AQUACITY ODAIBA」

「IROYA AQUACITY ODAIBA」

アクアシティお台場にて、前半は黒と青、後半は赤と緑で1か月間展開致しました。お台場という土地柄、外国人観光客が非常に多く、英語と中国語対応可能なスタッフを配置するなど、接客サービスの向上に務めました。また家族連れのお客様も非常に多く、キッズ商品の層も厚くし、ファミリー向けの提案をするなど、地域に沿った展開を行いました。

 

「IROYA IKEBUKURO PARCO」

IROYA IKEBUKURO PARCOの様子

IROYA IKEBUKURO PARCOの様子

池袋PARCO本館にて1か月間実施致しました。「IROYA HAKATA」でもお取扱いしたピンクでしたが、刺激的なピンクから柔らかいピンクまでと、持つ色の意味を弊社としても考えるキッカケとなりました。池袋近郊からのお客様も多く、本ポップアップ用の準備した、ブランド別注のアイテムやワンオフのアイテムなど、多くの好評を頂きました。

 

〜地域性と色のマッチング〜

IROYAは「色から、モノを好きになる」のコンセプト通り、各ショップごとにテーマカラーを設け展開しています。テーマカラーの選定は、ECサイトでの購買データや徹底的なフィールドワーク、地域色などのさまざまな角度からおこなっております。
第1弾の「IROYA HAKATA」では、福岡県の県花・鳥・木にあやかり、白・ピンク・緑の3カラーを展開。交通量の多い立地を活かし、パフォーマンス性の高いVMD、地域独特のニーズにあわせてセレクトした商材で、売上げ・顧客開拓の成果も獲得いたしました。
2015年2月に行った池袋PARCOでは、フィールドワークや購買データをもとに、ピンクを選定。池袋のみならず、都内近郊から訪れる方をターゲットとし、色の新たな可能性を発見することができました。

 

〜コアコンセプト:選択、集中そして多様性〜

IROYAは「1月1色」という制約のもと店舗を展開しております。これはジェンダーやテイスト、年齢や流行に左右されず、お客様と商品の新しいマッチングが狙いにあります。
色で制約を設けることにより、商品のジャンルに左右されずに、一見、実店舗での展開においてはセレクトアイテムに制約がかかっているように感じますが、商材の種類や数は多く、客層に合わせて様々なアレンジをすることが可能です。
地域独特のファッション感やスタイルにあわせて展開していくIROYA POP-UP、今後の展開にご注目ください。

 
 

「IROYA HAKATA」実施概要
期  間:2014年9月3日(水)〜2014年9月30日(火)
営業時間:10:00〜21:00
場  所:JR 博多シティ AMU EST
(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1)
セレクト:PINK・GREEN・WHITE

 
 

「IROYA AQUACITY ODAIBA」実施概要
期  間:2014年12月5日(金)〜2015年1月4日(日)
営業時間:11:00〜21:00
場  所:アクアシティお台場
(東京都港区台場1-7-1)
セレクト:〜12月17日BLACK & BLUE、12月18日〜 RED&GREEN

 
 

「IROYA IKEBUKURO PARCO」実施概要
期  間:2015年1月30日(金)〜2015年2月27日(金)
営業時間:10:00〜21:00
場  所:池袋PARCO 本館5F
(東京都豊島区南池袋1-28-2)
セレクト:PINK

 
 

RELATED ARTICLES