ストリートに漂う雲『MYNE AND YOURS』

ストリートに漂う雲『MYNE AND YOURS』

先月のテーマカラーBLUEに合わせて、BLUEをメインカラーに作品制作しているアーティスト、MYNEをご紹介します。
MYNEは中東のドバイを中心に活動しているアーティストです。
ロンドンでグラフィックデザインを学んだ後に渡米。いくつかのスタジオでアシスタントを経験し、アート活動を本格的にスタートさせます。アシスタントをしていたスタジオの中にはあのシェパード・フェアリー(OBEY)のスタジオもありました。その後、イギリスを中心に個展をしながらストリートに多数の作品を残していきます。


 

その彼の作品の中でアイコン的な存在が、雲をモチーフにしたもので、不思議さ、驚きのシンボルとしてストリートに在ります。
雲の作品の背景には、見た人がその存在に疑問を持って自分自身と向き合い、普段とは違った思考を巡らせてもらいたい、という作家の狙いがあります。
 
日本にも去年来日していて、現在作品は残っていませんがステッカーがまだ街の中に残されているので、都内にいる際には探してみるのも面白いかもしれません。
 
そして、MYNEの作品の特徴がブルーの色をメインに描かれていることです。
国によっても色に対してのイメージが変わりますし、中東ではブルーにはどんなイメージがあるのか気になるところです。作家自身も色に対するこだわりや、込められたメッセージがあるのかも知れません。
 


 

現在はドバイをメインに世界中で活動しており、NIKEやRed Bullなどの企業ともプロジェクトを行っております。
アートの市場としても盛り上がりを見せている中東での、今後の活躍に注目です。

そして実際にMYNEの作品と向き合ったとき、どんな感覚が芽生えるのか? ぜひドバイに行った際には、街の中にある作品に目を向けてもらえたらと思います。

RELATED ARTICLES