「星条旗」の色はアメリカのシンボル。ヒラリー・クリントンのキャンペーンロゴ

「星条旗」の色はアメリカのシンボル。ヒラリー・クリントンのキャンペーンロゴ

2016年11月8日の大統領選挙に向けて、アメリカでは選挙戦がスタートしています。もっとも注目されているのは、合衆国史上初の女性大統領を目指す、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官。2015年4月12日、選挙用のウェブサイト「Hillary for America(https://www.hillaryclinton.com/)」を開設し、「大統領選に立候補します(I’m running for president. )」と出馬表明を行いました。このウェブサイトのほか、Facebook、Twitter、YouTubeにもアカウントを開設し、情報発信を行うと同時に、ボランティアと寄付を募っています。

青と赤に2分される、アメリカ合衆国選挙

 

このウェブサイトが公開されて、まず最初に、アルファベットの「H」と「→」を組み合わせたキャンペーンロゴが話題を集めました。星条旗の「星と縞」こそありませんが、青と赤と白の組み合わせは、アメリカ合衆国をイメージするあらゆるシンボルとして使用されてきました。

 
アメリカ合衆国においても、ヒラリー・クリントンのロゴのデザインは斬新だったようで、賛否両論ありました。違和感を唱える意見には、「青と赤を入れ替えた方がいいのでは?」というように、色づかいに関するものもありました。

アメリカ合衆国の大統領選挙は、リベラルな民主党(http://www.democrats.org/)と保守主義の立場をとる共和党(https://gop.com/)の二大政党がそれぞれ候補者を立て、選挙戦を戦います。大統領選挙が始まると、青(民主党)と赤(共和党)に色分けされたアメリカ合衆国の地図が、ニュースなどで報道されます。

民主党(Democratic Party)のロゴは、ブルーのリングの中にブルーの「D」がデザインされています。共和党(Republican Party、Grand Old Party )のロゴは、赤い長方形に、「GOP」と「象」が白でレイアウトされています。

ちなみに、象は共和党のマスコットで、民主党のマスコットはロバ。100年くらい前の新聞の風刺漫画が発端で、それぞれの党のマスコットとして定着し、共和党の象は知識と力の象徴、民主党のロバは家庭の象徴というように、意味付けされるようになったと言われます。

したがって、ヒラリー・クリントンのキャンペーンロゴは、アメリカ合衆国のシンボルカラーを採用しているけれど、民主党(ブルー)と共和党(レッド)のシンボルカラーを組み合わせたように感じる方もいらっしゃるようです。

方向や強さを視覚的に表す「矢印」

矢印を使ったロゴは、フェデックス・コーポレーション(http://www.fedex.com/)がよく知られています。Eとxの中に右向きの矢印が隠されています。「スピードと正確さ」というポジショニングが、さりげなく伝わってくるのではないでしょうか。
 

ヒラリー・クリントンのロゴの矢印は、もっとわかりやすくデザインされています。矢印が強調されると、伝えたいメッセージが矢印が向かう方向に移ったように見えます。H(=ヒラリー・クリントン)が向かう先を、ロゴ自体は示していないようにも見えます。しかし、選挙戦はスタートしたばかり。ヒラリー・クリントンは、支持者たちとともに、アメリカ合衆国の未来を創っていく、そんなメッセージも伝わってくるのではないでしょうか。
 
 

===
【参考サイト】
Hillary for America >> https://www.hillaryclinton.com/
民主党 >> http://www.democrats.org/
共和党 >> https://gop.com/
フェデックス・コーポレーション >> http://www.fedex.com/>

RELATED ARTICLES