色別東コレ2015AW:YELLOW編

色別東コレ2015AW:YELLOW編

色別に東コレをプレイバックしているこのシリーズ。第三弾はyellowです。
有彩色の中で一番明度の高い色であるこの色。看板やポスターなどによく使われていたり、注意を促すようなサインに用いられていたりと、“目を引く色”であることは間違いない。さて、東京ブランドのデザイナーたちは、どのように黄色を表現したのか? 見てみましょう。
 



 

tenbo

なんと大胆にも大きなアフロで黄色を取り入れた! ブランドらしい、ハッピーで優しいコレクションを発表。

house of holland

黒×黄色の縞模様がパッと目を引く鮮やかさを演出


 

sulvam

茶色と黄色のグラデーションでチェックを表現。かっちりしすぎない、決めすぎない系モードといったところか。


 

JOHN LAWRENCE SULLIVAN

sulvamとは対照的で、こちらはビシッと決めます系モード。直線的シルエットにビビットな黄色が生える。


 

facetasm

黄色×紫というポップな補色の組み合わせのコンバース ウェポン。


 


 
このように見てみると、黄色は少ない面積でもかなり視認性が高いことが分かります。
2015秋冬の東コレでは、赤や青と比較すると黄色を用いたブランド数はぐっと減ったものの、使用したブランドのほとんどが原色に近い鮮やかな黄色を使っていますね。
 
黄色は虫が寄ってくるので、夏のお祭りやフェス、BBQなどへ着ていくと後悔しそうだけど...でも目立ちたいあなたには持ってこいの色です!お試しあれ。
 
 
 
===
【関連記事】
色から見る東京コレクション 15AW
RED編
BLUE編
GRAY編
GREEN編

RELATED ARTICLES