色別東コレ2015AW:RED編

色別東コレ2015AW:RED編

コレクションでの登場率のトップ2はお決まり、黒と白。(あとその間のグレーも多い) そして次に続くのはだいたいいつも"赤"だろう。
色で見る東コレシリーズ第一弾は”RED” どのブランドが、どんな赤を打ち出したのかIROYA的に見てみるとしよう。

 


YASUTOSHI EZUMI

落ち着いた深みのある赤が提案された。大人の女性に捧ぐ。といった感じ。

yasutoshiezumi-2015aw-red01

yasutoshiezumi-2015aw-red02-(1)


 

DRESSCAMP

光沢のある赤がドレスキャンプらしい。派手でこそドレキャ!

dresscamp-2015aw-red01

dresscamp-2015aw-red08

dresscamp-2015aw-red07

dresscamp-2015aw-red05

dresscamp-2015aw-red04

dresscamp-2015aw-red02


 

LAMARCK

プレーンな赤いインナー。モノトーンのコーデに上品なアクセントをそえる。

lamark-2015aw-red01


 

RYOTA MURAKAMI

お母さんと共作のセーターは”真っ赤”な色がこれまたベタで、ださかわいさを演出。

ryotamurakami-2015aw-red01

CHRISTIANDADA

深紅のファーなんて、高級感があってエレガント。それとは対照的に、西陣織の素材の赤は朱色に近く、鮮やか。

christiandada-2015aw-red02

christiandada-2015aw-red01


 

HOUSE OF HOLLAND

HOHはピンクに限りなく近い赤を提案。少し青みがかっていてクールな印象の赤が多い。キンキーなイメージとデザイナーが語っていたように、全体的に強い女性像が伺える。

houseofholland-2015aw-red01

houseofholland-2015aw-red02

houseofholland-2015aw-red03

houseofholland-2015aw-red04

houseofholland-2015aw-red12

houseofholland-2015aw-red11

houseofholland-2015aw-red08

houseofholland-2015aw-red06

houseofholland-2015aw-red05


 

Johan Ku

ヨハンクーの赤は”炎”を連想させる。身分の違う二人が恋に落ちるストーリーの映画をテーマに作られたコレクションには、”愛の炎”と、映画に登場する”花火の炎”のイメージが落とし込まれた。

johanku-2015aw-red08

johanku-2015aw-red06

johanku-2015aw-red04

johanku-2015aw-red01

johanku-2015aw-red05

 

Writtenafterwords

混じりけのない赤。平和を唄ったコレクションは、カラフルで終始ハッピームードだった。

written-2015aw-red02

 

 


 
 さて、お気に入りの赤は見つかりましたか?2015awはどの赤で攻めるか、今から作戦会議を!


 
 
===

【関連記事】
色から見る東京コレクション 15AW
BLUE編
YELLOW編
GRAY編
GREEN編
 
 

 
 

RELATED ARTICLES