色別東コレ2015AW:GRAY編

色別東コレ2015AW:GRAY編

RED , BLUE , YELLOWと色別に東コレを振り返ってきましたが、第4弾はgrayです。
どんな色にも馴染むグレーは、こなれ感を演出できるおしゃれ色。柔らかくて知的な印象で、好感度NO.1の色ともいえます。
大人っぽいイメージのグレーですが、東コレではどう活躍したのか、振り返ってみましょう!

DEAM

 
THE大人なグレーを展開。グレーの対数がとても多かった。











AKIKO AOKI

 
グレーではなく、白と黒のハウンドトゥースだけれど、柄が細かいので遠目で見るとグレーのような印象も受ける。

banal chic bizarre

 
他のルックは原色の鮮やかなカラーパレットでギャング的なコレクションだったが、そのなかでグレーは、肩の力の抜けた“こなれたおしゃれギャング”の役回りといった感じ。

Beautiful People

 
こちらも大人っぽいグレーが多数。グレーの中でも、赤っぽいグレーや茶色がかった優しい色合いが印象的。












CHRISTIANDADA

 
黒のライダース、白黒チェックのワンピースにグレーの帽子とネックウォーマーで、全体をモノトーンのグラデーションでまとめたモード系スタイリング。
https://iroza-images.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/image/5095f9a5cc4822634f1a82dab42dcbdd.jpeg

DRESSCAMP

 
パキッと派手なイメージのブランドだが、グレーのルックはやはりどこか柔らかい印象を受ける。



FACETASM

 
無地のウールのボトムスなど、スタンダートなグレーが多く見られる。紺とグレーの組み合わせというのは知的でスタイリッシュなイメージ。





FACTOTUM

 
リラックス男子、ワントーンコーディネートなど、メンズファッションシーンのリアルトレンドも反映されていた。


Johan Ku

 
今季のコレクションを象徴する黒と赤の火花のようなアイテムとグレーを合わせることで、メインの黒赤アイテムがさらに生えて、素敵に見える。





KBF

 
膝下丈のルックがずらりと揃ったKBF。グレーはノスタルジックな印象。





LAMARCK

 
ラマルクのグレーは女性の美しさを引き出す。知的でシックで優しい空気感が漂う。




MIKIO SAKABE

 
ノルマンディ柄のグレーのニットがほっこり感を演出。ブランドの、”フェミニンなメンズ”イメージが見える。


 
服ではなく石にグレーが!彼女は服のデザインの他にアートワークにも取り組んでいる。毒のあるユニークな彼女の創作はおもしろいものばかり!

>

JOHN LAWRENCE SULLIVAN

 
ブルーバックのグレーを使用。冷たい温度感に包まれたコレクション。極めつきにはシルバーグレーも。




sulvam

 
黒×グレーがかっこ良くないはずがない。サルバムで一番注目したいのは“腹巻き”。腹巻rきを外に着ける時代が来る!? こんなにおしゃれに昇華されてる腹巻きなら全然あり!



writtenafterwards

 
グレーの宇宙人on the earth!

YASUTOSHI EZUMI

 
グレーと青系の組み合わせが凛としてる。カーキや黒のベルト付きニットネックウォーマーがイケている。欲しいくらい。








 
 

===
【関連記事】
色から見る東京コレクション 15AW
RED編
BLUE編
YELLOW編
GREEN編

RELATED ARTICLES