FacebookとTwitterに見る、「青」のブランディングの違い

前回のコラム「Google+の「赤」には、グレーが隠れている」では、Google+の「赤」に注目しましたが、SNSなどIT関連企業は、「青」をブランディングの中核に据えるケースが多いようです。ブルー系のロゴが多い中、FacebookとTwitterの「青」は、存在感が際立っています。両社のロゴは、ウェブ上で並べて配置されることも多いのですが、それぞれ独特の色みやトーンが採用されているので、混同されることもないようです。今回は、FacebookとTwitterブランディングのガイドラインを比較してみました。

コンサバティブなFacebookの「青」

FacebookのBrand Resources のページでは、ロゴなどをダウンロードできるようになっています。ロゴは青と白の2色あり、青と白の配色を推奨していますが、色に関する具体的な情報は掲載されていません。公式に発表されたものではないようですが、#3B5998がFacebookの青として、広く知られているようです。

左から、#3B5998(6PB 3.68/9.23)、瑠璃色(ラピスラズリー、6.1PB 3.6/9.9)やBLEU ROI(ブルー・ロワ、6.4PB 3.8/9.8)

左から、#3B5998(6PB 3.68/9.23)、瑠璃色(ラピスラズリー、6.1PB 3.6/9.9)やBLEU ROI(ブルー・ロワ、6.4PB 3.8/9.8)

この色のマンセル値は、6PB 3.68/9.23(色相 明度/彩度)、系統色名は「紫みの青」、DICデジタルカラーガイドで近似色を探すと、瑠璃色(ラピスラズリー、6.1PB 3.6/9.9)やBLEU ROI(ブルー・ロワ、ルイ14世が愛用したことから、王室のブルーと呼ばれる、6.4PB 3.8/9.8)などが該当します。

近似色の色名が示すように、Facebookの青は、コンサバティブでオーソドックスなイメージが感じられるのではないでしょうか。実名を前提とするFacebookの方針に沿う色で、中高年にも親しみやすい色。ブランディングの色は、ユーザーを選ぶという一面もあるのです。

鮮やかさが時代を物語るTwitterの「青」

一方、Twitterのブランドガイドラインの ページは、ロゴをダウンロードできるだけでなく、色に関する情報も掲載しています。プライマリーカラーは、#55acee。この色のマンセル値は、 0.9PB 6.62/10.19、系統色名は「明るい青」、DICデジタルカラーガイドで近似色を探すと、空色(2.4PB 6.9/7.8)やBLEU GAULOISE(ブルー・ゴーロアーズ、1910年に発売されたタバコの包み紙の色に由来する色名、2.2PB 6.7/7.8)などが該当します。

左から、#55acee(0.9PB 6.62/10.19)、空色(2.4PB 6.9/7.8)、BLEU GAULOISE(ブルー・ゴーロアーズ、2.2PB 6.7/7.8)

左から、#55acee(0.9PB 6.62/10.19)、空色(2.4PB 6.9/7.8)、BLEU GAULOISE(ブルー・ゴーロアーズ、2.2PB 6.7/7.8)

Twitterの青は、空色やブルー・ゴーロアーズに比べると、とても鮮やかです。デジタルデバイスが当たり前となった21世紀に創業した企業にふさわしい色ではないでしょうか。

左から、Twitterのセカンダリーカラー、#292f33(7.7B 1.84/0.7)、各種Twitterグレー、#66757f(8.7B 4.66/1.75)、#8899a6(9.8B 6.08/2.11)、#ccd6dd(9.3B 8.4/1.11)、#e1e8ed(10B 9.06/0.77)、#f5f8fa(1.8PB 9.64/0.31)

左から、Twitterのセカンダリーカラー、#292f33(7.7B 1.84/0.7)、各種Twitterグレー、#66757f(8.7B 4.66/1.75)、#8899a6(9.8B 6.08/2.11)、#ccd6dd(9.3B 8.4/1.11)、#e1e8ed(10B 9.06/0.77)、#f5f8fa(1.8PB 9.64/0.31)

Twitterは、プライマリーカラーのほかに、セカンダリーカラーやTwitterグレーに関する色の情報も公開しています。どの色もわずかに青みを含んでいるのが特徴で、微妙なニアンスにこだわりが感じられます。Facebookに比べると、Twitterの方が若々しく、カジュアルなイメージがありますが、企業のブランディングは、色に関するちょっとしたこだわりと、それをシェアする姿勢にもあらわれているようです。
 
参考
DICデジタルカラーガイド
Facebook Brand Resources
Twitter ブランドガイドライン

RELATED ARTICLES