今年こそデニムonデニムを攻略!または一億総デニムonデニム時代のススメ

今年こそデニムonデニムを攻略!または一億総デニムonデニム時代のススメ

『すべからく人間は、デニム好きと、そうでない人に分けられる』

 

というのは、誰もが知る名言…ではなく、わたしがいま勝手に考えた。でも、あながち間違っていないと思う。
タフな作業着であり、カジュアルの王道であり、収集癖をくすぐるマニアックの宝庫である”デニム”。
青色(BLUE)のファッションアイテムを語る上で、デニムは外せない。デニムなくして青色なし。
などと、ご託を並べるわたしは、もちろん先の【迷言】でいう、デニム好きの部類である。
 
 

なかでもわたしを虜にしてやまないのが「デニムonデニム」スタイルだ。
上下ともデニムなんて、一昔前のおじさんみたいになってしまう危険と隣り合わせだし、
やぼったさとスタイリッシュさ、そのギリギリの駆け引きをしている感じが、なんともたまらないのだ。
デニムonデニムは着てよし、見てよし。表参道を歩く全員デニムonデニムになったら…なんて妄想しては今日もほくそ笑んでいる。
 
世の中にもっとデニムonデニム人口を増やしたい!
そんな切なる願いから、今回は何かと敬遠されがちなデニムonデニムで「ケガ」をしない方法を皆さんにお伝えしたい。

ビギナーは上下の色味を揃えるべし!

 

上下でデニムの色味を揃えると、セットアップのように見えるため、一気に今年顔スタイルに。
ワードローブのなかに1本はあるデニムと同じ色合いのトップを1枚買ってあわせるだけという気軽さもオススメポイント。


 

トップに明るめ、ボトムは暗め!

 

トップとボトムの色に変化を持たせたい場合は、トップは明るめ、ボトムには暗めの色を合わせると◎。
明るめのサックスブルーのトップが顔写りを良くしてくれるだけでなく、濃い色味で下半身の引き締め効果も。
トップとボトムの色のコントラストが弱い時は、ベルトを入れてメリハリをつけてみて。

デニムonデニムはシルエットで制す!

同素材で揃える場合に大切なのが、色味に加えて「シルエット」。単調になりがちなのでシルエット選びは慎重に。
例えば…トップはトレンドのビッグシルエットをルーズにあわせ、ボトムはコンパクトにショートパンツでまとめる。
細身のダンガリーシャツにスキニーをあわせスタイリッシュにまとめる。
ボーイッシュなスタイルが好みの方は、ボーイフレンドデニムをあわせても。などなど。
普段よりすこしだけ「シルエット重視」のスタイリングを心がけて。


 

いかがでしたか? あなたもデニムonデニム
太陽がサンサンと輝くこれからの季節は、デニムが目に眩しい季節!
カリフォルニアガールさながらに、太陽を味方に付けたデニムスタイルを楽しみましょう!
 
 

出典:https://style.lookli.st/

RELATED ARTICLES