色別友達攻略法 - GALA編

色別友達攻略法 - GALA編

4月のIROZAのマンスリーカラーはGALA(柄)。
 
確かに、ファッションにおいて柄モノは、スタイリングの主役になったりアクセントとしてちらっとみせたり、使い方は“色”と変わりません。つまり、大きくくくればGALAというひとつのカラーとして捉えられるなー。と今月のテーマを聞いたときにそう思いました。
 
そんな柄モノ。ハードルが高いと感じる人もいるのでは? 「なぜかこの柄ばかり手にとってしまう」「ほかの柄モノは勇気がいるし、着るとそわそわして落ち着かないけど、なんかこの柄なら着られる」のように、本人にしか分からない謎のハードルやフィーリングが存在している模様。その多くが、自分でも分からないものだから不思議。
 
無意識のうちにその柄に惹かれているということになると、つまり人の身につけている柄モノを見ればその人の隠された本音や深層心理がのぞけてしまうかも?? (よかった、深層心理とかは”本人も気付いていない”可能性があるので、確認する手段がないから、もし違っていてもダイジョ…ウ….。どうか、嘘発見機とか持っている方がいませんように。責められるのこわいー!笑)
 
では、柄別に見てみましょう。

ボーダー


 

やたら「モテない柄」と言われているボーダー。でも本当はモテたいボーダー着用者。女らしさを押さえてガツガツ感を隠そうとボーダーを着るけど結局女らしさ足らずでモテないことも…。そんな悪循環を自ら生むボーダー愛好者は“あまのじゃく”! そして深読みして失敗しがち! 個人的には、ボーダートップスにキャンパス地の太めの白いパンツ。のようなTHEマリンスタイルはさわやかで飾り気がなく素敵だなと思います!

チェック


 

国で昔から親しまれるチェックは、クラシックで真面目なイメージで、頼りがいがありそう。そんなチェックを好む人は、頼られたい=承認欲求のつよい寂しがりやという顔を隠し持っているかも。たしかにチェックのセットアップと着ている店員さんなどをみると、きっちりしていそうで好感が持てるし、良いアドバイスくれそうって思います。本当にしっかりしていたら、こちらの期待通りだし、本人も頼られて気分がいいだろうし、WIN WINの関係が叶うのでは。チェックをよく着る方、きっとこれからもお世話になります。

 


 

男子諸君、花柄(とくに小花柄)女子には要注意! 彼女たちはかわいらしい服を着てその本当の姿はハンターです(笑)。ただ、花柄女子全員がハンターとは言い切れません。見分け方は、喋り方が舌足らず、上目遣い、いつもスカート、ドジっ子などの様子があったら警戒しましょう。もし、計算ではなく自然にこれをできてしまっている女子がいたら、彼女は生粋の小悪魔。彼女に落とされたなら本望ですね。

 

アニマル


 

迫力満点かつ近寄りがたい雰囲気を放つアニマル柄。このある種の”威嚇”は、アニマル愛好者の弱さの裏返し。本当は臆病で小心者の彼らは、ゴージャスな見た目でその小さな心臓を隠しています。もしくはただ単に目立ちたがり屋で、それ以上でもそれ以下でもない(笑)。 そんな彼らは逆に心臓に毛が生えていそう。 プレーンなスタイリングに小物でアニマル柄を取り入れていると、さりげなくてオシャレさんだな〜と思います!
 
 
 

【関連記事】

・色別友達攻略法
>> RED編
>> BLUE編
>> GREEN編

RELATED ARTICLES