どうして青い? 自然界の「青」の神秘に迫る

どうして青い? 自然界の「青」の神秘に迫る

どこまでも続く大空と大海原。透明な空気と透明な海水のはずなのに、どちらも美しい青色。
今回は、自然界の美しい青の秘密に迫ります。

空には青い光が溜まっている?青空の秘密。

空が青い理由は「光の散乱現象」が理由。
太陽の光が空気中のほこりや水滴に反射してさまざまな方向に跳ね返っているのです。光には赤・黄・緑・青などの波長がありますが、その中でも波長の短い光(紫や青の光)ほど散乱の度合いが大きくなります。
つまり、波長の長い光(赤や黄の光)はあまり散乱されずに早い時点で地上に到着するのに対し、青や紫の波長の短い光は何度も散乱されているのです。
散乱した青や紫の光は空全体に散らばり、空には青や紫の光が満ちた状態になっています。空には、青い光がたくさん溜まっているんですね。


 

空の青が映っている??海が青い理由。

空と同じように、美しい青色をしている海。
「空の青色が映っているのでは…?」とも言われていますが、実際はこちらも光の効果。水には波長の短い光を吸収せずに反射する特性があるのです。そのために海も青色に見えます。
不純物が多ければ多いほど波長の長い光も反射できるようになるため、美しく透明度の高い海ほどより鮮やかな色になります。
 
 

空に海。
どちらの青も太陽の光があってこその青なんですね。自然界の美しい色、たまにはゆっくりと眺めたいものです。

RELATED ARTICLES