ノルウェーを代表する覆面アーティスト「POBEL」とは?

今回は、今月のIROYA WALLに作品を残してくれたPOBELについてご紹介したい。
 
しかし、実際に彼は何者なのか?知る者はごく限られた人間だけであろう。
彼はノルウェー出身のアーティスト。それ以外は非公開。顔も隠し、名前も偽名。
 
謎多きアーティストだが、すべてを隠すパーソナルな部分とは裏腹にストリートに残されている彼の作品は個性に溢れている。
一見ダークに見える作風の中に皮肉や笑いの要素が見え隠れし、一度彼の作品を見ると脳裏から離れなくなる。
 

002


 
今ではノルウェーを代表するアーティストのPOBEL。
今までの彼のプロジェクトで代表的なものは、ノルウェーを代表するもう一人のアーティスト、DOLKと行った”Ghetto Spedalsk”であろう。
 

The Mushroom Girl By Dolk And Pobel - Project Ghetto Spedalsk

The Mushroom Girl By Dolk And Pobel - Project Ghetto Spedalsk

 

このプロジェクトはノルウェー北部のロフォーテン諸島にある放棄され廃墟と化した家々に作品を描いていくというものだ。このプロジェクトは過疎化の問題にもっと多くの人が興味を持つようにという思いで行われた。
そして、その一部を“Living Decay”と題したドキュメンタリーフィルムで見ることができる。

 


 
その後、ヴァードという街から招待を受けた際に、ロフォーテン諸島と同様の問題を目にし、今度はアートのフェス“Komafest”を企画した。このプロジェクトには、Vhils,Atle Ostrem,ROA,Conor Harringtonなど名だたるメンバーが参加している。
 
そして今回、日本来日に際してIROYA WALL以外にも作品を何点か残している。
消されてしまっているかも知れないが、ハロウィンでの出来事が動画に残されている。
 

 
 
IROYA WALLの作品は今月いっぱい見ることが出来る。
この作品の中にもまたPOBELからのメッセージが込められているであろう。
もしくは、皮肉なのかも知れない。是非生で作品を見て何かしら感じて頂ければ幸いだ。

003

004

IROYA WALL of November 7, 2014

IROYA WALL of November 7, 2014

 
 

POBEL
http://www.pobel.no/

RELATED ARTICLES