サンプリングアーティスト・KODAI

今回は、今週末10/25(土)、26(日)に行われる渋谷芸術祭で、IROYAのSHOPにて作品展示とIROYA WALLでの作品制作を行うKODAIにインタビューをしました。
前回の「渋谷芸術祭」とKODAIの紹介についての記事はコチラ
 

10726744_677110432385649_374526929_n


 

ーバックグラウンドについて教えて下さい。子供時代~今
子供のころから絵を描くのは好きで、図工の時間が一番好きでした。専門学校でグラフィックデザインを学んでいた時に毛糸での表現方法を始めました。
 
ーアーティストとしてキャリアを始めたのはいつ?
専門学校卒業後から作品つくりはしていましたが、本格的に活動し始めたのは2010年末からです。
 
ー今の作風に至るキッカケがあったら教えてください。
専門学校在学時にデジタルでの表現に限界を感じ、担任の先生に相談したところ「毛糸で何かやれ」と言われたのがきっかけです。
 

10744627_677110425718983_1832355561_n


 
ー今まで独学で?今までに師事した人はいたんですか?
毛糸での表現は全て自分で考えました。なので師匠と呼べる方もいません。
最初に作った作品は、毛糸の絵を平面で立体的に見せるといった、現在の作風とは全く違うものでした。
 
ー作品を作る上ないし、アーティスト活動をするにあたって影響をうけたことはありますか?
ヒップホップカルチャーからは特に影響を受けています。敬愛するJ DILLAからはこれからも影響を受け続けると思います。あとは子供のころから聴き続けているE.YAZAWAですね
 
ー生活の中で欠かせないものは何ですか?
音楽・酒・愛 
 
ーアートを通して社会に対してできること、もしくはしたいことはありますか?
僕自身や僕の作品を見て、少しでも前向きな気持ちになったり、愛を感じて頂けたら、とてもすばらしいことだと思います。
 
ー将来のプランはなにかありますか?
ドラクエの職業の「遊び人」みたいな男になりたいです。周りに迷惑をかけるけど、大魔王も倒しちゃうみたいな。
 
ー今後の予定はなにかありますか?
11月は渋谷と千葉のイベントで展示があります。12月はカナダのイベントで展示があります。是非遊びに来てください。
 
今回の展示では作家本人にも会えるので、生の作品を見て作品への思いや、アーティスト活動のリアルな話も聞けるチャンスなので是非足を運んでみて欲しい。
 
 
KODAI
http://kodai-world.com
サンプリングアーティスト
音楽手法のサンプリングをアートに置き換え、毛糸を使った絵を制作をしている。

RELATED ARTICLES