2014年秋冬トレンドカラー人気ランキング・日米比較

PANTONEが発表するカラートレンド情報

ソフトバンクのパントンケータイで知られる、アメリカのPANTONEは、毎年2月と9月に、カラートレンド情報として「PANTONE® FASHION COLOR REPORT」を発表します。このリポートは、実シーズンの半年前に開催される、NEW YORK FASHION WEEKに見られる色の傾向をまとめたもので、WOMEN'SとMEN'Sそれぞれ10色がピックアップされます。
 
2014年秋冬トレンドカラー情報「PANTONE® FASHION COLOR REPORT FALL 2014」については、総合情報サイトAll Aboutに寄稿した「2014秋冬トレンドカラー、トップス&ボトムのコーデ」、ウェブマーケティングのポータルサイトMAKEPOに寄稿した「どんな色が流行る?2014年秋冬トレンドカラー情報を先取りl」などで解説しましたので、ご興味のある方は、ぜひご覧くださいね。

アメリカ人の色嗜好を探る

さて、PANTONEは、このレポートの公開するとともに、ウェブアンケート「Color Survey Vote for your favorite colors for men and women from the Fall 2014 Fashion Color Report」を行っています。2014年秋冬シーズンのWOMEN’SとMEN’Sは共通色が9色。WOMEN’Sにはモーブミスト、MEN’Sにはシーフォッグという色が加わり、どちらも10色で構成されています。WOMEN'SとMEN'S、それぞれのアンケート結果(集計期間は2014年10月19日まで)をグラフにしました。

Top 10 Women's Colors Fall 2014 Fashion Color Report

Top 10 Women's Colors Fall 2014 Fashion Color Report

まずは、Women’sの方から見ていきましょう。1位はサングリア(22%)、2位はラディアントオーキッド(17%)、3位はオーロラレッド(14%)。赤紫〜赤の色相が上位を占めています。

Top 10 Men's Colors Fall 2014 Fashion Color Report

Top 10 Men's Colors Fall 2014 Fashion Color Report

MEN’Sの1位はサイプレス(20%)、2位はブライトコバルト(16%)、3位はロイヤルブルー(15%)。緑〜青の色相が上位を占めています。10色中9色が同じ色であるにも関わらず、男女の違いが鮮明になっています。回答者の属性は公開されていませんが、アメリカにおける色嗜好を知るひとつの手がかりとなるでしょう。

日本女性の色嗜好を探る

次に、私が実施したウェブアンケート「あなたが好きな配色はどれ? 2014秋冬トレンドカラーに関するアンケート」の結果もご紹介しましょう。2014年秋冬シーズンは、WOMEN’SとMEN’Sの共通色が9色。WOMEN’SとMEN’Sの独自色、モーブミスト、シーフォッグの2色。この11色と、この11色を組み合わせた配色について、好きなものを選んでいただくようにしました。

11の色見本から、最もお好きな色を1つだけ選んでください

11の色見本から、最もお好きな色を1つだけ選んでください

集計結果は、1位ロイヤルブルー(20%)、2位サングリア(14%)、3位ブライトコバルト(12%)、4位ラディアントオーキッド(11%)、5位モーブミスト(10%)となりました。青の色相と赤紫の色相の色が上位を占めています。また、彩度の高いロイヤルブルーとサングリアが1位と2位、中彩度のブライトコバルトとラディアントオーキッドが3位と4位、低彩度のモーブミストが5位となっています。
 
アンケートの集計期間は、2014年8月8日〜10月19日まで。有効回答数は967。回答者の内訳は、女性が92%、男性は8%。30代32%、40代25%、20代25%の順番になっています。日本人女性の色嗜好を探る資料として、参考になるでしょう。

配色にもトレンド感がある

2つの配色例を並べて、好きな方を選んでいただくアンケートの結果も見ていきましょう。上位3色をつかった配色のアンケート結果は次のようになりました。

左:Royal Blue / Alumnium / Radiant Orchid、右:Royal Blue / Bright Cobalt

左:Royal Blue / Alumnium / Radiant Orchid、右:Royal Blue / Bright Cobalt

高彩度のロイヤルブルーの配色は、ラディアントオーキッドを組み合わせた色相差のある配色と、ブライトコバルトを組み合わせた同系色の配色、どちらも50%の支持を集めました。昨年秋頃から「ブルー・オン・ブルー」と呼ばれるブルー系でまとめた配色が人気です。寒色系のブルー系は、どちらかといえば、男性的でスポーティなイメージのある色ですが、そういった既存のイメージを裏切るような、ややモードな雰囲気の秋冬の着こなしが、女性たちの支持を集めています。

左:Sangria / Alumnium / Mauve Mist、右:Sangria / Misted Yellow

左:Sangria / Alumnium / Mauve Mist、右:Sangria / Misted Yellow

高彩度のサングリアの配色は、5位にランクインしたモーブミストを組み合わせた同系色の配色が67%の支持を集め、ミステッドイエローを組み合わせた色相差のある配色が32%となっています。イエローは2012年春夏シーズンの頃から、トレンドカラーの中でも注目されてきましたので、やや鮮度が失われてきたようです。

左:Bright Cobalt / Alumnium / Mauve Mist、右:Bright Cobalt / Cognac/ Alumnium

左:Bright Cobalt / Alumnium / Mauve Mist、右:Bright Cobalt / Cognac/ Alumnium

中彩度のコバルトブルーは、低彩度の色を組み合わせた配色例をつくりました。5位にランクインしたモーブミストをつかった女性的な配色が62%、ニュートラルカラーを組み合わせた男性的な配色が38%という結果になりました。
 
普段の着こなしにトレンド感のある色を取り入れると、新鮮さが生まれますが、配色にも鮮度があるようです。配色の効果を考慮しながら、日々のコーディネートを楽しんでみませんか?
 
参考
PANTONE® FASHION COLOR REPORT FALL 2014
2014秋冬トレンドカラー、トップス&ボトムのコーデ(All About-カラーコーディネート)
どんな色が流行る?2014年秋冬トレンドカラー情報を先取り(MAKEPO-心を掴む!カラーマーケティングの極意)
あなたが好きな配色はどれ? 2014秋冬トレンドカラーに関するアンケート

RELATED ARTICLES